お役立ちブログ

エアコンクリーニングを初めて検討されているお客様

エアコンクリーニングを初めて業者に依頼しようかな?と、検討されているお客様。

エアコンクリーニングってどうやってするの?と疑問に思われているお客様も多いかと思いますので、作業手順をご説明します。

エアコンクリーニングの手順

  • 動作確認
  • エアコン周辺の養生
  • 洗浄機器等の設置
  • エアコンの分解
  • 取り外した部品の洗浄
  • エアコン洗浄のための養生
  • エアコン洗浄
  • 拭き上げ
  • エアコンの組立
  • 動作確認
  • 片付け

最初は正常動作の確認

最初にすることは「エアコンが正常に動作するか」を確認します。

特にエアコンを長期間使用していない場合(冷房シーズン前にご依頼頂き、昨夏の冷房シーズン終了後からエアコンを使用していないなど)もございます。

ですので、まずは正常にエアコンが動作するかを確認。

万が一、動作不良の場合はクリーニングではなく、メーカーへの修理依頼をお客様にお伝えします。

エアコン周辺の養生

↑エアコン本体の洗浄時には高圧洗浄により水を使用します。

エアコン周辺の家具などに水が飛散する可能性がありますので、周辺をビニールシートなどにより養生します。

洗浄機器等の設置

↑エアコン下の周辺には脚立や水を入れるタンク、高圧洗浄機などを設置します。

エアコンから半径2m程のスペースがあると作業がしやすくなります。

ソファーやテレビなどの家具家電がある場合は事前に移動して頂けますと、助かります。

エアコンの分解

エアコンのコンセントを抜きます。

↑その後パネルや本体カバーを外します。

↓お掃除機能付きの場合はお掃除ロボも外します。

取り外した部品の洗浄

取り外したパネルやカバーは浴室をお借りして洗浄します。

↑浴室タイル、洗面所にはマットやブルーシートなどで養生します。

↑本体カバーや部品を洗浄します。

エアコン洗浄のための養生

↑エアコン本体に洗浄に水が飛散しないよう専用カバーを被せます。

電気部品やモーターには水がかからないようタオルや養生シートなどを被せます。

エアコン洗浄

↑専用洗剤を吹きかけて汚れに洗剤を浸透させた後、高圧洗浄を用いてクリーニングを行います。

写真の黒い水はエアコン内部から流れ出たカビ水です。

↑こちらがバケツに溜まった流れ出た真っ黒なカビ水です。

リビングや寝室など、人の滞在時間が長くエアコンの使用頻度が高い場合、

前年にクリーニングを行っていても、この程度のカビ水が出る場合もあります。

拭き上げ、組立、動作確認、片付け

洗浄が終われば、洗浄で濡れたエアコン本体や部品などを拭き上げます。

その後エアコンを元通りに組み立てて、正常作動を確認します。

我々が作業で使用したエリアを掃除、移動した家具等を元に戻して作業完了です。

エアコンクリーニングを初めて検討されているお客様

エアコンクリーニングの作業手順、いかがでしたでしょうか?

ビーグルライフではエアコンクリーニング1台につき、

お掃除機能付きなしのエアコン 90分程度

お掃除機能付きありのエアコン 150分~180分程度

以上の作業時間をご案内しています(状況によっては作業時間が前後しますので、ご了承下さい)

南大阪地域に特化したエアコンクリーニング業者のビーグルライフにお任せください!

お待ちしております(^^)

お役立ちブログへ戻る